ラングとは?

ラングは情報処理の技術を応用し、埋蔵文化財事業に関わる情報をデータ化する「ラングシステム」(特許技術)を構築しています。これまでの間、各地の大学、発掘調査に関わる組織、機関のお客様のご意見を反映し、真に実用的なデータ作成装置としての機能を強化してきました。本システムは考古学における基礎作業ー報告書作成ー保存管理ー研究分析ー公開活用に至る全ての工程を視野に入れ、理路整然としたアルゴリズムを基に、現代的で合理的なシステムフローを実現しています。
 当社は、遺物・遺跡・地形などを対象とした各種データ加工、製図の委託業務もおこなっており、各地の研究機関、発掘調査機関を中心に多数の納入実績を積み重ねています。

企業理念

 株式会社ラングは、情報処理技術を背景として、考古学(Archaeology)と地理情報科学(Geo-informatics)の領域で社会に貢献します。

組織概要

社名 株式会社ラング LANG CO., LTD (Laboratory for Archaeology aNd Geoinformatics)
事業内容

考古遺物の形状計測・図化

発掘調査報告書の図版編集

遺物、遺構図面のディジタルトレース

遺跡データベースの設計・構築

アルゴリズム開発の受託

解析処理画像の作成

前各号に付帯する一切の業務

本社

〒020-0834 岩手県盛岡市永井20地割61番地5 CAビル 1F
TEL :019 ( 613 ) 2693         FAX:019 ( 613 ) 2694

設立 2003年4月1日
資本金 1,050万円
役員 代表取締役 横山 真
取引銀行 岩手銀行

沿革

2002年 4月  科学技術振事業団のRSP支援事業による「考古遺物形状のディジタル計測・図化システムの開発」を受託し、
岩手大学工学部情報システム工学科横山研究室と東北NSソリューションズとの共同研究開始
2003年 4月

設立(資本金300万円)

2004年 4月

本社を岩手大学地域連携推進センター・インキュベーションラボに移転

2005年 3月

資本金を900万円に増資

2006年 9月 資本金を1050万円に増資
2006年 12月  本社を盛岡市中央通に移転
2008年 5月 本社を盛岡市飯岡新田 盛岡市新事業創出支援センターに移転